毛先カラーはダサい?グラデーションカラーで垢抜けは何歳まで許される? | ouret-blog

毛先カラーはダサい?グラデーションカラーで垢抜けは何歳まで許される?

毛先カラーはダサい?グラデーションカラーで垢抜けは何歳まで許される?のアイキャッチ画像 ファッション

*記事には広告も含まれています。

毛先カラーやグラデーションカラーがダサいという意見があるようです。

この記事では以下のことをまとめています。

・毛先カラーやグラデーションカラーがダサい理由は?
・毛先カラーをすると垢抜け美人になれるの?
・何歳までやっても大丈夫なの?

毛先カラーやグラデーションカラーは簡単に垢抜けができると人気のようです。

しかし、若い世代がやっている印象があり、何歳までやっても大丈夫なのか?と疑問に思っている人もいるようです。

毛先カラーやグラデーションカラーがダサいと言われる理由をしらべてみました。

また、垢抜けができるのか?何歳までやっても大丈夫なのか?という疑問についても調べてまとめてみました。

 

毛先カラーはダサいの?

結論から言いますと、毛先カラーをダサいと思っている人はそこまで多くないようです。

しかし、髪の毛の傷み具合や年齢相応のカラーを使っているかなどの全体的な視点から見たときに、「合わない」と思われてしまう可能性があるようなんです。

このことが大きな理由で毛先カラーがダサいと言われているのでは?と考えられます。

 

毛先カラーはダサいと言われる理由は3つ

毛先カラーがダサいと思われてしまう理由は、前項で挙げた以外にもあるようです。

髪の毛の痛み具合や、その人の雰囲気も関係してくるそうですよ

毛先カラーがダサいと思われてしまう理由を調べてみました。

 

毛先カラーがダサい理由①傷んで見える

毛先カラーがダサいと思われてしまうのには、毛先が傷んで見えてしまうことが挙げられます。

明るいブラウンや金髪に近いような色を毛先に入れると、髪の毛が傷んで見えてしまうようなんです。

そのため、「手入れができていない髪の毛」と見られてしまうことに…。

これらのことが原因で、毛先カラーがダサいと思われているようですね。

 

毛先カラーがダサい理由②服を決めるのに困る

毛先カラーがダサいと思われている2つ目の理由は、ファッションに制限がかかってしまうからという意見が挙がっていました。

毛先カラーに合わせて服を決めると、同じようなパターンになってしまうのではないか?と思われ、ダサいという声に繋がっているようです。

 

毛先カラーがダサい理由③アレンジなしだとダサい

毛先カラーがダサいと言われているのは、ヘアアレンジの手間から来ているようです。

「毛先カラーしてるから巻きたい。でも今日は面倒」「グラデしてるのにストレートはダサい」という意見が挙がっていました。

毛先カラーやグラデーションカラーをしていると、ヘアアレンジなしではダサいと感じる人が多いようです。

 

毛先カラーはダサいというコメントが多数

毛先カラーがダサいと言われていることについて、ネットではどのような意見が多いのか調べてみました。

毛先カラーやグラデーションカラーがダサいと言われる理由は、毛先が傷んでしまうという意見が多いからのようです。

 

入れるカラー次第ではダサく見えてしまうため、どの色を入れるか悩んでいる人も多いようですよ。

 

毛先カラーやグラデーションカラーを入れることで、おしゃれに見えるためおすすめしている人もいました。

 

やはりということは、何となく想像されていたのでしょうか?

突然の変身にびっくりされたのでしょうかね。

 

年齢から、毛先だけカラーするのを悩んでいる人も多かったです。

 

毛先カラーやグラデーションカラーで垢抜け美人になれる?

毛先カラーやグラデーションカラーをすることで、簡単に垢抜けができると人気のようです。

また、毛先だけを染めるため自分に似合っている色か簡単に試すことができるという意見が多く見られました。

毛先カラーやグラデーションカラーは気軽に試せる垢抜けの方法のようです。

 

毛先カラーやグラデーションカラーは何歳まで許される?

毛先カラーやグラデーションカラーは若い世代がやっているイメージはないですか?

何歳までやっていいのか?と思い、諦めている30代や40代の方が多くいるようです。

しかし、ネットの声を見たところ、30代40代の方でも毛先カラーのグラデーションカラーを入れている人もおり、何歳までという制限はないようです。

垢抜けや若く見えるためやっている人もいるようです。

あまり奇抜な色にしている人は少なく、アッシュにしたり、落ち着いたトーンのカラーを入れている人が多いようです。

 

毛先カラー・グラデーションカラーをセルフでできる必須アイテム6選!

毛先カラーやグラデーションカラーをセルフで行う時に、多くの人が使用している物を調べて見ました。

①クリップ

100円ショップにも売っているヘアクリップを準備しましょう。

髪をブロック分けしたり、まとめるときに使用します。

 

②ブリーチ

毛先カラーやグラデーションカラーをする際にブリーチをします。

髪へのダメージが気になる人は「got2b ボンディングポイントブリーチ」を使っている人が多いようです。

こちらは、トリートメント成分が配合されており、髪へのダメージを少なくしてくれますよ。

 

③グッバイ イエロー カラーシャンプー

ブリーチ後の黄ばみ消しとして「グッバイ イエローカラーシャンプー」が人気のようです。

しっかり色が入り、色持ちを良くしてくれます。

セルフでカラーを入れる時に使っている人が多いようです。

 

④エンシェールズカラーバター

毛先カラーやグラデーションカラーをセルフで入れるときに「エンシェールズカラーバター」を使っている人が多いようです。

トリートメント成分が多く入ったカラー剤で有名です。

色が入った後に髪の毛に艶をだしてくれます。

また、カラーバリエーションが豊富で人気があります。

 

⑤トリートメントコーム

100円ショップにも売っている片側がハケ、片側がコームになっているアイテムを使用します。

カラー剤をハケでムラなく塗り、コームで髪の毛の間にしっかりなじませます。

そうすることで、ムラのない仕上がりになります。

 

⑥カラーシャンプー

ブリーチ後に自分が入れたい色のカラーシャンプーをすることで、カラー剤を使用しなくても毛先カラーができます。

先程紹介した「グッバイイエローカラーシャンプー」は青紫色が特徴のため、黄色ベースの毛先に入れると緑色になってしまうようです。

ブリーチの加減とカラーシャンプーの色に注意して自分好みの毛先カラーをしてみてください。

 

毛先カラーはダサい?【まとめ】

今回の記事をまとめてみると、以下の3つになります。

・カラーの組み合わせや雰囲気でダサいとみられてしまうことがある
・簡単に垢抜けできるため手が出しやすい
・年齢はあまり関係なさそう

毛先カラーやグラデーションカラーがダサいと思われてしまうのはカラーの組み合わせやその人の雰囲気も関係してくるようです。

自分に合ったカラーを見つけることができれば、簡単に垢抜けができるため、誰でも試しやすいと言えるのではないでしょうか。

また、何歳までという制限はないようですが、カラーによってはダサいとみられてしまうため、歳を取ったと思い始めたら、派手な色にするのは避けた方がいいかもしれませんね。

毛先カラーやグラデーションカラーが垢抜けの手伝いをしてくれます。

何歳までという年齢は関係ないため、手軽におしゃれをしたい方におすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました